信じられないくらいの奇跡の連続が面白すぎた夜☆体力限界からの底力!!~修正&追記あり~

☆スポンサー募集します☆
私に宣伝して欲しいお店や人、商品があれば連絡ください(*^^*)
対価は金銭でもそれ以外でも♪
私に何かをしないという形もありです◎
-------------------
【今回の旅の投稿はこちら】
※本人は既に神奈川に帰宅済です。
--------------------

宿泊先も決まらず、帰路に着く?と自分に問いかけるもピンと来ず。
かなり、肉体的な疲れは限界に近づいていた。
a0320756_00501344.jpg
大きく移動するにもしんどいーってくらい肉体的に疲れていて、道路の渋滞が緩和するまでは宿泊先探す方向にしよう!と。
だけど、宿泊先募集の投稿をFacebookとかにあげてたけれど。
ふっとね。つまんない!
って想いが込み上げてきたの。
※これは、SNSで宿泊先募るよりリアルで自分が居る場所で自分で宿泊先を見つけてみたいと感じたのです。
たくさんのシェアは本当に心強かったし、嬉しかったです!!ありがとうございました。

んで、たくさんシェアしてもらっていた元の投稿を削除して、北新地でどの辺で宿泊先募集のスケッチブックを掲げようかと悩んでいたら……。

『お姉さん~何してるの?』
と少年から声かけられた。
条件反射で(笑)スケッチブック見せてみた(笑)
そしたら、経緯はあったものの結果的にその少年が
『過去に自分も似たような経験してるから家泊まっていいですよー』
と(((o(*゚▽゚*)o)))
何この奇跡~!!!
ありがたすぎる!!!

居酒屋のキャッチしてる少年がバイト終わる頃に少年の最寄駅で待ち合わせることに♪

その頃、携帯の充電もかなり危うくなってきたのでコンセントのあるカフェで少し時間潰し。私の体力もほんのり回復♪
充電も少し復活したところで、待ち合わせの駅までヒッチハイク☆

そしたら……なんと!
チャリンコ乗ってるお兄さんが声かけてくれた!!
『家がその駅のすぐ近くなんでチャリでよければいきますよ?(笑)』
って(((o(*゚▽゚*)o)))
これまた奇跡~!!!

a0320756_00560893.jpg
チャリンコヒッチハイクして、1時間ちょっとかけて駅に向かう(笑)
これもね。普段はマウンテンバイクに乗ってるのに、タイヤがパンクして妹さんのママチャリ借りてたって事で乗れたという。
本当にすべてが必然すぎる流れで面白い!!

お尻が痛かったり、足上げてるので股関節疲れたり。
これも面白い体験だヽ(´▽`)ノ

寒い中、重いバックパック背負ってる私を連れてすごく大変だったと思うの。
ちょいちょい休憩したり、ゆるゆる歩いたり。
チャリ乗りながらの会話も楽しく、車よりゆっくり大阪の夜を堪能しながら夜風や自然を感じて駆け抜ける感じ。
気持ちよかった~(*^^*)

待ち合わせの最寄駅で少年と再会!

その場で立ち話してたら、チャリのお兄さんと少年と私の共通点が1つあった!
★ダンス★

ダンス話で盛り上がり、そのままチャリのお兄さんも一緒に少年の家へ!

ヤンチャな少年と器用で多才なお兄さん(っても年下)
初対面の3人で朝まで語り明かす♪
ヤンチャな話、闇の話、海外の話、夢の話。
なんか、高校生に戻った気分になったり、一気に大人の世界になったりと。
ヤンチャな少年と私の年の差一回り以上!!
この子、今回お世話になった神様の中でも1番若い19歳でした☆

a0320756_01023846.jpg
朝方、家が近所の器用で多才なお兄さんは帰宅。
ヤンチャな少年と私も爆睡。

お昼前に1人準備して、
『寝起き悪いんです~』
って布団の中から言ってるヤンチャな少年にお礼を言って勝手に出発☆

奇跡に奇跡が重なって、不思議なくらいに面白くって熱くってでも必然的な夜でした(((o(*゚▽゚*)o)))
いや~本当に奇跡!としか言えない(笑)
でも、みんなそれぞれのたまたまなタイミングが揃っての場だったから、この出会いとこの場は最初から用意されていたかのような感覚に陥りました!!

全ての出会い、ご縁、場所、タイミング。
全部必然で全部あらかじめ用意されていた。
そんな事を漠然と感じながら、1人高速のインター手前まで歩きます。

とうとう次のブログから帰路に着く!!





こんな事もやってます☆
お気軽にご連絡下さい(๑•᎑•๑)♬

私の今後のスケジュール

私は今日も生きてる♪
*Nao*

―――――――――
後藤 直美
TEL : 090-7722-6641
email : nao_mi.38@docomo.ne.jp
Twitter : nao38
LINE : giselle113

―――――――――

[PR]

by nao38mi | 2015-02-17 10:45 | 体験談