なぜパートナーを求めるのか?オンナの解放からの観点と高橋歩×四角大輔トークライブで感じたこと(恋愛編)


以前から感じていたこととトークライブの中から感じたことを合わせて書きます。

【参考記事】

以前にも書きましたが私、自分のオンナって性別に関して受け入れられていませんでした。

【参考記事】

ヌード撮影という挑戦をしてから、もともとあった性差への疑問に関してたくさん考える時間や出来事がありました。

世の中には男と女がいる。

男が居るから女がいる。
世の中が女だけだったら、そもそも女というものもなくなる。
比較対象がなくなるから、性別なんて常識も言葉もなくなる。


性差に関して嫌な体験も含めていろんな出来事を通して、
基本的には 人 対 人 の関係性が大好きで心地よい。
なにより自分がオンナとしての自信が無かった。
『それでもパートナーを求めるのはなぜ?』
と自分に問いかけた。

ここの答えは実は旅に出る前には出ていたの。
(BLOGに書いてたつもりが書いてなかった。汗)

『女として輝きたいから』

男の存在があって、女って性がある。(逆もしかり)
女としての自分を本当の意味で受け入れるのって、男性の存在が必要不可欠なんだ!って感じたの。
男性が居て、そこに根本的な違いがあるからこそ輝ける。女が際立つ。

自分の魂がオンナで居た~~~いっ!!!

って叫んだの(((o(*゚▽゚*)o)))

自分が抵抗していたオンナとして見られること。
それって不要な抵抗って深いところで分かったから、手放した♪
人としての在り方も大切だし、女性としての在り方も大切。
(ここでの在り方って心の持ち方?みたいな感じで私は使ってます)

私は女なんだ♪
女性として扱われていいんだ♪
大切にされて、愛されて、女性を愉しんでいいんだ♪

…とここまではちょっと前の時点で感覚として受け入れたこと。

a0320756_23443604.jpg

で、先日の高橋歩×四角大輔トークライブ。
そこでの歩さんと大輔さんのやり取りがもぉね~。
居酒屋の雑談(と仰っていた)が楽しすぎて(*´艸`)♪笑

私のオンナとしての魂が1番反応したのが

感動を分かち合いたい

でした!!!

これこれっ!私がまだ見ぬパートナーさんと共にしたい感覚☆

そんな気分♪

私の言葉にすると、ただ良い事だけを分かち合いたいんではなくて
人生って波があるから。
良いこと・素敵な事・ワクワクすることは分かち合って2倍にして
嫌な事・辛い事・悲しいことは分かち合って半分にしたいの。

1人で抱え込まないで、共有する。

そして、一緒に世界に感動して、一緒に些細な事にも感動する。

ひとりで感じる事も時には必要なのかもしれないけれど、誰かと一緒に感じることで自分一人では見えてこない見え方もあるし、分かち合うことで2倍にも3倍にも幸福度は増していく予感がしている。

だから、、、

旅はどこに行くかじゃなくて誰と行くか

という言葉も突き刺さった。

物理的な旅だけじゃない。
人生という名の終わりなき旅も同じ。

誰とともに歩むか。。なんだね☆


愛する人のヒーローになり続ける事。

歩さんの言葉ですが、これを大切にしている生き方に男を感じました。

どんなに自分に対して敵のような存在が増えようとも、愛する人は自分にとって絶対的なホーム(味方)。
そこがあるから他からどんな風に見られようとも怖くないし気にならない。

(上記は私の記憶の中から引用しているので言葉が違うかもです)

恋愛面では相当この日、魂スパークしちゃったみたいです┗(^o^)┛


女性という性を受け入れて輝きたい想いと、
様々な事を分かち合いたい一心で
過去にどんな悲しい想いをしてきても、今、共に歩む人を探し続けている。
それが、女性としての今の私なんですね(*^^*)

※これはすべて私の観点と価値観です。


私は今日も生きている♪
*NAO*
--------------------
☆スポンサー募集します☆
私に宣伝して欲しいお店や人、商品があれば連絡ください(*^^*)
対価は金銭でもそれ以外でも♪
私ではない誰かに何かをする形もありです◎
--------------------
こんな事もやってます☆
お気軽にご連絡下さい(๑•᎑•๑)♬

私の今後のスケジュール

―――――――――
後藤 直美
TEL : 090-7722-6641
email : nao_mi.38@docomo.ne.jp
Twitter : nao38
LINE : giselle113

―――――――――

[PR]

by nao38mi | 2015-02-28 00:00 | オンナ